バリア機能低下の原因

肌荒れなどのお肌のトラブル、または加齢による影響で角質間脂質に含まれるセラミドなどの保湿成分が少なくなると、お肌の内部にある水分が蒸発しやすくなり乾燥するようになります。

セラミドセラミドは保湿成分であると同時に、角質細胞同士をくっつける働きをしています。セラミドが減少すると、くっつきが弱くなり、角質細胞が剥がれ落ちやすくなるのです。剥がれ落ちた角質細胞の隙間から外部の刺激が皮膚内部に入り込み、さらに多くの角質細胞が剥がれ落ちて悪化が進むのです。

皮膚のバリア機能が低下する原因としてはどんなことが考えられるのでしょうか。皮膚をごしごしと洗いすぎる、化粧水をつけ過ぎる、アレルギー反応、ストレス、食生活などが主な要因と考えられます。角質層にある古くなった皮膚は垢として自然に剥がれ落ちていくものなのですが、お風呂であまりに強く洗いすぎると不自然に角質層が削られてしまい、皮膚のバリア機能の低下を起こす可能性があります。

化粧水をつけ過ぎると、皮膚がふやけてしまい、保湿成分であるセラミドの流出につながることもあります。間違えた方法のスキンケアを行うと、逆に大切な皮膚のバリア機能を悪化させてしまう可能性もあるのです。

保湿がポイント